読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【大阪】「無痛分べん」で女性死亡 医師を書類送検へ★2

ことし1月、大阪・和泉市産婦人科医院で、「無痛分べん」で出産した31歳の女性が意識不明になり、その後、死亡していたことがわかりました。
警察は、女性が呼吸不全になった際に、医師が人工呼吸などの十分な対応をしなかったとして、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針です。

捜査関係者などによりますと、ことし1月、大阪・和泉市産婦人科医院「老木レディスクリニック」で、
31歳の女性が、麻酔で陣痛の痛みを和らげる「無痛分べん」で出産中に意識不明の状態になりました。
赤ちゃんは無事に産まれましたが、女性は、およそ10日後に低酸素脳症で死亡したということです。

これまでの捜査で女性は、59歳の院長が背骨に局所麻酔の注射をした際に容体が急変し、呼吸不全になったと見られることがわかったということです。

警察は、人工呼吸を続けて体の状態を回復させるなどの十分な対応をしなかったとして、近く院長を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針です。

院長はNHKの取材に対し、「弁護士に任せており、コメントできない」としています。

「無痛分べん」をめぐっては、ほかにも背骨に麻酔の注射をした際に死亡した例があり、厚生労働省の研究班は通常の分べんとは違った管理が求められるとして、
今月、全国の医療機関に十分な体制を整えるよう求める緊急提言をしています。

この医院はホームページで、当面、無痛分べんを行わないことを明らかにしています。

<人気高まるも副作用には細心の注意必要>

「無痛分べん」は、出産の際に母親に麻酔をかけることで陣痛の痛みを和らげる分べん方法です。

厚生労働省の研究班の調査では平成20年の時点で全国およそ250の施設が無痛分べんを実施していたということですが、陣痛の痛みを感じずに
、出産できることなどから、妊婦の間で人気が高まっていて、ここ数年でさらに増えていると見られます。

一方、麻酔をかける必要があることから、副作用には細心の注意が必要だとされています。無痛分べんでは背骨の中に注射をするなどして局所麻酔をかける「硬膜外麻酔」と呼ばれる方法が一般的です。
硬膜外麻酔は、一般の産科の医師でも行うことが認められていますが、麻酔科の専門医によりますと、
誤って血管や脊髄などに麻酔薬を投与してしまうと意識を失って呼吸ができなくなるケースや血圧が急激に低下するケースなど深刻な合併症が起こるということです。

いずれも迅速に対応すれば回復するということで、麻酔をかける際には患者の変化を見逃さないよう細心の注意が必要だということです。

無痛分べんをめぐっては、今月、厚生労働省の研究班が無痛分べんには通常の分べんとは異なる管理が求められるなどとして、
医療機関に対し、十分な医療体制を整えることを求める緊急提言を行っています。

配信 4月25日 17時07分

NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む(動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170425/k10010960791000.html

★1) 4月25日(火) 18:56:35.19

前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493114195/ http://mastetae.xyz/